DQ10攻略「プロローグ~エテーネの村オニオーン襲撃」

DQ10攻略「プロローグ~エテーネの村オニオーン襲撃」

第1話-メインストーリー編-

ドラゴンクエストⅩ(Switch/PS4/3DS/PC)連載攻略!

【注意】

・当記事はメインコンテンツとは異なり、ブログ日記的なゆるい記事となります。
・攻略wiki的な役割は持たないのでご了承下さい。

 


 
 

 
 

ある晴れた日、空を見上げる一人の青年であり物語の主人公である「ムツ(筆者)」の姿。

そこへムツを呼ぶ声が…



ムツを呼んでいたのは姉である「ターニア」

話によると今日は特別な日であり、村の守り神である「カメさま」の背にこの村(エテーネ村)の巫女である「アバさま」と共に乗せてもらっているとの事。

これから他の村人もカメさまの背に乗せてあげる為、迎えにいく途中なのでムツも乗せてもらおうとすると…


なぜかアバさまからムツは乗る事を拒まれてしまう。

ターニアが何故かを問うも…



なぜかそこで意識が途切れ…


気が付くと自室の寝室。
どうやら先程までの一連の流れは夢だったらしい。

そして目が覚めると何やら周りが騒がしく、その原因はターニアが「ハツラツ豆」を錬金術で10倍にしようとしたが失敗して全てが灰になってしまった為。


しかも運が悪い事に灰になってしまった豆は今年最後のもので代わりが効かない。

ハツラツ豆は毎年アバさまが楽しみにしているらしく、主人公が直接自宅まで謝りにいく事となる。


アバさまの家は橋を越えた先にある高台の辺り。

ちなみにDQ10では地図を開けば画像のように目的地の場所が表示されるので迷う事は少ない。


目的地に辿り付くとアバさまの孫であり、世話係でもある「シンイ」という若者に出会う。

彼に豆の事を話すと、豆の代わりに村から「フカフカのもみガラ」「干しどくけし草」を集めてきて欲しいと依頼される。

何に使うかはわからないが村の人に聞けばすぐ手に入るとの事なので早速探しに向かう。



2つとも難なく手に入ったので再びシンイのもとへと戻る。


すると早速渡した2つの材料を使って作り出されたのは…香りも肌ざわりも申し分無しという最高の安眠まくら。

どうやらシンイの考えは豆が無い事を知ったアバさまはかなり怒るハズなので、眠る事が好きなアバさまに枕をプレゼントする事で少しでも怒りを鎮めようという事らしい。

しかし…


作戦は大失敗…。

シンイは事前の考え通り、豆が無くなったのでその代わりになればという事を伝えると…


激しく動揺するアバさま。

しかし動揺している理由は単純に豆が無いという事だけに対してでは無い様子…。

ムツに気付いたアバさまは何やらムツ達姉弟が揃っている時に話したい事があるらしく、ターニアを呼んで来るよう頼まれる。


その間アバさまは休んでいると言い結局シンイの作った枕で就寝…。


シンイによるとターニアは村を出て北東、「いしずえの森」と呼ばれる場所によく行っているとの事なので早速向かってみる。


道中の「育みの大地」には「スライム」「モーモン」「オニオーン」などお馴染みの敵が登場。

【どうでも良いような良くないような豆知識】

DQプレイヤーであればもはや知らない人は居ないであろう、ナンバリングも外伝も問わずシリーズ全てに登場するDQ看板モンスターであるスライム。

ダイの大冒険、ロトの紋章、アベル伝説、といったDQを題材とした漫画やアニメにもしっかり登場している。

尚、恐らく周知の通りほぼ全てのシリーズで最弱の敵として出現するもののDQMに登場するスライムは一味違う。

レベルを限界近くまで上げる事で「しゃくねつ」や「マダンテ」といった強力な特技/呪文を習得する為、歴代のDQプレイヤーの中には地味に感動した人も多かった(ハズ)。

ちなみにもはやあまりにも有名過ぎる気もするが「鳥山明 スライム 初期デザイン」などで検索すれば鳥山明氏のデザイン力がいかに凄いかわかるので知らない人は是非。


適当に戦っているとレベルアップし、回復魔法「ホイミ」を習得。


いしずえの森につくとシンイの話通り、ターニアの姿が。

何やら豆の失敗に懲りず、またもや何かを錬金している様子。

全ての材料を入れると箱が光りだし…中からは…


「ごきげんなぼうし」が飛び出す。


ムツに気付いたターニアはきっと似合うハズと完成した帽子をプレゼントしてくれる。

そしてターニアにアバさまが呼んでいる事を伝え、2人に村へ戻る事に。


村に戻に眠ったアバさまを起こそうとするも寝起きの機嫌がかなり悪いらしく、シンイが代わりに起こしてくれると部屋のドアを開けると…





安眠枕のおかげで快眠かつ寝覚めもバッチリ。

では話を…と思いきやシンイに村の者達を集めるよう命じ、カメさまのお告げを皆に伝えるという話に。


そして村人達が集まり、アバさまの伝えるカメさまの内容とは…



この村の人々は間もなく一人残らず息絶えるという衝撃の内容。

落胆する人々。

しかしお告げにはまだ続きがあった。


伝説の霊草ともよばれる「テンスの花」があれば滅びの運命からは逃れられる。

ただし、この花はまだエテーネ村の人々が一度も足を踏み入れた事が無い秘境に咲く。

それ故に誰が採りに行くかはアバさまが決める事に。


選ばれたのはムツ、シンイ、そしてターニアの3名。

大いなる災厄がすぐそこまで迫っている今、一刻も早く採取に向かおうとしたその時…


突如村の中に魔物が出現。

本来であればアバさまが魔物達の目から村を隠す結界を常時張っている為、魔物が侵入する事などこれまでは無かった。

動揺を隠せない一同だったが…


咄嗟にシンイがメラで撃退し、何とか事なきを得る。

とはいえ、魔物の侵入を許したという事態が村人絶滅というどこか半信半疑だったお告げの内容に対し一気に現実味を帯びさせてしまった。

もはや皆を安心させ、絶滅の危機を脱する為には一刻も早くテンスの花を入手するしか無い。


テンスの花が咲く「清き水の洞くつ」は育てるの大地よりも遥か遠い北の地。

ムツ、シンイ、ターニアの3名は村を発ち、洞窟へと向かうが…続きは次回更新にて!

お楽しみに!
※毎週数回の不定期連載!

・第2話-メインストーリー編-「魔導鬼ベドラー戦~冥王ネルゲル登場」


GameReview公式チーム(ギルド)を作成!
随時参加者を募集しています!
お試し、初心者、熟練者、全て大歓迎です!

【検索ワード】
GameReview(全て全角)