GhoulBoy (グールボーイ)(Nintendo Switchダウンロードソフト)

GhoulBoy (グールボーイ)(Nintendo Switchダウンロードソフト)

GhoulBoy (グールボーイ) ってどんなゲーム?

16ビットにインスパイアされたアクション
プラットフォームゲームで邪悪なモンスターを倒せ

「GhoulBoy」はレトロな雰囲気漂う、アクションRPGとハックアンドスラッシュゲームプレイを組み合わせたアクションプラットフォームゲーム。モンスターを倒して戦利品を集め、危険なトラップをかわしながら、恐ろしいボスを攻略しよう。「GhoulBoy」で、90年代のレトロなプラットフォームゲーム全盛期を思い出させる魅力あふれるゲームプレイを楽しもう。16ビットプラットフォームゲームの時代を知らない世代にも、「GhoulBoy」はお勧めだ。

特徴:

• ダンジョンや、村、財宝、邪悪なモンスターが潜む魔界王国を探検しよう。
• 強力な武器や、アイテム、魔法を発見して、敵を倒そう。
• モンスターと戦って、強敵なボスを倒そう。
• 16ビットの雰囲気漂うグラフィックとチップチューンなレトロミュージックが魅力。

お知らせ
4月24日 23:59 まで割引価格でお買い求めいただけます。

GhoulBoy (グールボーイ) スペック情報

必要な容量 257MB
プレイモード TVモード, テーブルモード, 携帯モード
プレイ人数 1人
対応コントローラー Nintendo Switch Proコントローラー
セーブデータお預かり 対応
対応ハード Nintendo Switch
メーカー eastasiasoft
ジャンル アーケード / アクション / アドベンチャー
配信日 2019年4月11日
対応言語 日本語, 英語, スペイン語, ドイツ語, 韓国語, 中国語
価格 1,080円(税込)
マイニンテンドーゴールドポイント +44

GhoulBoy (グールボーイ) 購入レビュー

それでは遊んでいきましょう!

ゲームの流れ


本作グールボーイは王道の2D横スクロールアクション。

基本アクションである「移動」「ジャンプ(2段ジャンプ可能)」「攻撃」を使い、様々な敵やギミックを乗り越えながら進んでいきましょう。

ゴールまで進めれば「レベル(ステージ)」クリアとなります。

武器切り替え


武器は「①メイン武器」「②投てき武器」の2タイプ有り、どちらも数種類所有していれば使用武器を切り替える事が可能です。

メイン武器は何度でも使用可能で、素早く攻撃出来るものや速度は遅い代わり威力が高いものなど様々。

投てき武器は遠距離攻撃や、壁に突き刺して足場にする事も出来ますが数には限りがあります。

場面に適した切り替えを行いながら進むのが攻略のカギです。

ムツ
数に限りは有るものの、敵がすぐドロップするのでそこまで節約は意識しなくてもOK。とはいえ、たまに足場作らないと進行不可な場所も有るので使いすぎは禁物。

投てき武器を足場に


一部の投てき武器はこの様に壁へ突き刺すると足場として利用可能です。

足場を作る事が前提のポイントも存在する他、足場を作る事で非常に簡単にクリア可能な場所なども多く存在します。

ムツ
スーパーマリオブラザーズの裏技として有名なステージワープをする際の、画面上部をひたすら進んでいく的な進み方を出来るポイントも…。

ギミック


ゴールに辿り着くまでには動く床…カギを必要とする扉…飛び交う火の玉…毒の沼などのギミックが盛り沢山。

慎重にタイミングを計ったり、足場を作って回避する手段は無いか、投てき武器を当てる事で作動出来るスイッチは無いかなどなど、あたりをしっかり観察する事で先へ進む為のヒントが見つかるかもしれません。

隠し通路(隠し部屋)


このように一見何も無い場所でも…


進んでみれば宝箱が隠されている事もあります。

怪しい場所はどんどん調べてみましょう。

ムツ
足場を作らないといけない場所の先は隠し通路有る事多め。

NPC


道中には様々なNPCが点在。

武器をくれる人、アイテムを売ってくれる人、そして画像の様に警告してくれる人も。

少なくとも損をする事は無いので見つけた時は積極的に話を聞いてみて下さい。

ムツ
何言われても結局進むしか無いんやけどね…。

ボス


ステージによっては勿論「ボス」も登場。

ボスは通常の敵より遥かに強力では有るものの、ザコもボスも全ての敵は行動パターンが有るので勝てない時はまず良く敵の動きを観察してみましょう。

ムツ
そんな事よりボスきも過ぎん…?

ゲームオーバー/コンティニュー


本作グールボーイにおいて「ゲームオーバー」という表記こそ有るものの、実質的なゲームオーバー(1からやり直し)は有りません。

敵の攻撃やトゲに当たるなどすると「①ヘルス(HP)」が減少し、0になると「②ライフ」が1減少、ライフが0になるとゲームオーバーとなりますがすぐにリスタート可能なので仕様は比較的易しめです。


ちなみに道中にあるこのドクロの置物(?)の様な物に触れると赤い光を放ち、チェックポイントとなります。

ショップ


敵を倒したり、宝箱から宝石を入手する事で得られる「①コイン」を集めれば老婆(?)のようなNPCからアイテムを購入する事が出来ます。


投てき武器や回復アイテムが購入出来るので、状況に応じて購入を検討してみて下さい。


また、タイトル画面から行けるショップでは値段が張る代わり永続的に効果を得られるアイテムの購入も可能です。

強力なダメージを誇る武器、最大HPを上昇、アイテム所持数増加…攻略に行き詰まった時は一度お金を為、購入する事で簡単に難関を突破出来るかもしれません。

画面タイプ


自分のプレイしたい雰囲気に応じて画面タイプを変更する事が出来ます。

レトロオフは最も綺麗な画面タイプ。
※ここまでの画面タイプは全てレトロオフです。


タイプ1にすると画面が少し白みがかり、古めのテレビな印象に…?


タイプ2ではレトロチックな荒みがより強く…


タイプ3では外側にうっすら枠が現れ、まるでブラウン管テレビでプレイしているかのような懐かしい気持ちに…。

お好みのタイプでプレイしてみて下さい。

GhoulBoy (グールボーイ) SNSでのレビューや感想

GhoulBoy (グールボーイ) のSNSでのレビューや感想はまだありません。

購入前の感想

ムツ
投げた武器が足場に…!?パズル、謎解き、高難易度、レトロが好きな人は好きそう。

購入プレイ後の感想


ムツ
てか文字小さ過ぎん…?

ムツ
テレビでプレイしてる時でもそこそこギリ、携帯モードはかなりキツイ…。そしてこの記事をスマホで見てる人は上の文字なんて何書いてるかわからんやろなぁ…。
NIX
でも小さいのこのオープニング的な場面だけやろ?
ムツ
まぁ確かに他の場面(ショップとかNPCの会話とか)は全く問題無い大きさやから問題無いといえば無いけど、しょっぱなビビった。
ムツ
攻略進行上、特に問題有る訳では無いから別に良いんやけどね…。
NIX
というか難易度高そうやな~…。
ムツ
確かに低くも無いけど、レトロアクションにしては易しい方ちゃうかな~…。コンティニューもすぐ出来るし、難しいと感じるところも何回か試すとすんなりいける場面多い。
ムツ
そして武器を足場にして進んでいく感はやっぱり楽しかった。
NIX
途中で舌打ちしてたん何?
ムツ
投てき全部使って上まで行ったのに特に何も無かった時。
ムツ
後は下手なだけかもしらんけどたまに当たり判定に「おぉん…?」てなる事もあったなぁ…。
NIX
ムツ
でも全体の操作性は良いし1ステージの長さも10分前後で丁度良し。
ムツ
悪魔城ドラキュラとか昔やり込んで今はもうアクションの腕落ちた人に丁度良さそう。
ムツ
お手頃価格なレトロアクション(難易度比較的易しめ)を探している人は是非。

GhoulBoy (グールボーイ) PV